総量規制ってなんですか?

総量規制とは個人が貸金業者からの借入できる金額の上限をを制限する法律です。
一律ではなくそれぞれの年収に応じたものとなり、具体的に年収の3分の1以下に留めるものです。
例えば年収300万円の方であれば貸金業者から借り入れできる金額の上限は100万円までということになります。
上限金額は1社からの借り入れではなく総借入額となります。
つまり上記の例で言えばA社から70万円借りている場合は残り30万円までしか貸金業者から借り入れできないということになります。
万が一年収の3分の1を超える借り入れをしてしまったとしても罰則を受けるということはありません。
またすぐに返済しなければいけないということも無いです。
但しその場合は貸金業者から新規の借り入れはできなくなります。
総量規制の対象となるのは消費者金融などノンバンク系からの借り入れとクレジットカードのキャッシングです。
クレジットカードのショッピングや銀行からの借り入れ、住宅ローン、マイカーローンなどは総量規制の対象外となります。
銀行は銀行法にも続いて貸付業務を行なっていますので、貸金業法である総量規制の対象となりません。
ですから既に貸金業者から年収3分の1以上の借り入れをしていたとしても銀行から新たにお金を借りることは可能ということになります。http://すっきりフルーツ青汁なら.xyz/

限度額を増額・増枠する条件は?

限度額を増額・増枠するコツは、簡単に言ってしまえば金融業者から「優良顧客」と判断されることです。
金融業者は顧客にお金を貸して利息を徴収することで利益を得ています。
つまり沢山お金を借りて返済をきちんと行う人は利益を多くもたらしてくれるから優良顧客と判断されやすくなります。
金融業者から優良顧客と判断されると業者から増額の案内が行なわれることが多いです。
増額するには契約から大体半年~1年程度の期間が必要です。
その間、一度も返済延滞をしてはいけません。
もし一度でも返済に送れるようなことがあれば増額は見送りになる可能性が高くなります。
増額は基本的に10万円単位で行なわれます。
いきなり50万円、100万円といったように一気に限度額が増えるようなことはありません。
また他社から借り入れしている場合は総量規制に気をつけなければいけません。
いくら優良顧客であっても年収の3分の1を超える貸し付けは出来ませんので注意しましょう。
単にまじめに返済するだけでは増額するのは難しく、定期的に借入する事も必要です。
業者によっては繰り上げ返済をすることで増額されやすくなることもありますので、お金に余裕があるときは積極的に繰り上げ返済するのも良いでしょう。
増額は業者からの案内がなくてもこちらから申し込むことも可能です。
但し増額するにも審査を受けなければいけませんので、申し込んだからといってすぐに増額できるわけではないのでその点は覚えておきましょう。興味がある人はコチラへ

近畿大阪銀行カードローンの特長は?

近畿大阪銀行ではクイックカードローンという名称でカードローンサービスを提供しています。
カードローンの金利はどこも同じと思っている方が多いですがけっしてそんな事はありません。
一般的な銀行カードローンは上限金利が15%前後となりますが、近畿大阪銀行のカードローンなら年12.475%で借りることが出来ます。
銀行カードローンは主に都市銀行のカードローンが人気ですが、都市銀行の場合借入限度額が100万円以上でないと金利は14%となります。
しかし近畿大阪銀行カードローンなら少額の借入でも都市銀行よりも低い金利で借りれるので断然お得です。
近畿大阪銀行カードローンクイックカードローンは利用限度額が最高100万円と小口融資タイプのカードローンです。
ですからまとまった資金が必要という方ではなうちょっとだけお金を借りたい人向けです。
そもそもカードローンでいきなり何百万円ものお金を借りれることは殆ど無くかなり稀です。
ですからクイックカードローンはちょうどよいカードローンといえます。
少額の借入にも関わらず低金利ですから人気なのも納得ですよね。
銀行カードローンの中には、年収や勤続年数に条件があるものも少なくありません。
しかし近畿大阪銀行は年収も勤続年数も一切問いませんので気軽に申し込むことが出来ます。
カードローンは正社員じゃないと無理と思っている方も多いですが、少なくとも近畿大阪銀行カードローンは正社員じゃないからと門前払いをするようなことはありません。
アルバイトやパートなど属性の低い方でも申し込めますので安心してくださいね。詳しくはコチラ